【感動】人間を信用することができずに砂漠の泥水を飲んで過ごしていた1匹の犬。4ヶ月間手を差し伸べていったら…?

  
  



人間を避けるような行動をする犬




過去に多くの野良犬や捨て犬を保護している動物保護団体「Hope for Paws」(HfP)はアメリカのロサンゼルスに拠点を置いています。

ある日、このHfPに「砂漠をウロウロしている野良犬がいるから保護してほしい」という連絡が入ります。

急いで砂漠へ向かうと、なんと泥水を飲みながらウロウロしている1匹の野良犬の姿がありました。

この犬はビーナスと名付けられており、地元のボランティアから食べ物や水を与えて保護しようとしますが、人間を全く信用しておらず、保護することも難しい状況でした。

体も衰弱し始めており、暑い夏も近づいていることからHfPへ保護してほしいと連絡をしたそうです。

ではこのビーナスは一体どうなったのでしょうか?

ビーナスを保護するための行動は次のページで






コメント

【感動】 | 【犬】」の最新記事