【奇跡】バスの中に取り残された犬・・・終点を過ぎても下りる気配のなかった彼の驚愕の真実が明らかに

  
  



バスに乗った犬に訪れた奇跡の出来事




ロンドンでバスの運転手として働いているポール・マックさんは、ある日いつものようにバスの運転をしていました。

そして、とある停留所から2人の男性と犬がバスに乗車してきます。

実はロンドンではペットと一緒にバスに乗るという光景は珍しいことではないので、その点については問題ありませんでした。

しかしポールさんは、なんとなくこの2人の男と犬に違和感を感じていました。

そしてしばらくして、ポールさんはこの違和感の原因が何だったのかというのを知ります。

では、一体この2人の男と犬の違和感とはどういうものだったのでしょうか?

男2人と犬の謎の行動は次のページで






コメント