【賞賛】「その子はもういらない。」その言葉に、新しい飼い主が放った一言!!

  
  




「その子はもういらない。」その言葉に、新しい飼い主は?!




ある男性が、家の近くでうろついている一匹のハスキー犬を発見しました。

近づいてみると、その犬にはタグがつけられ、飼い主らしき電話番号が記載されていたのです。

首につけられていたタグに書かれていたハスキー犬の名前は「フレイヤ」。

「フレイヤ」を見つけた男性は、「もしかしたら脱走してしまったフレイヤを飼い主さんが探しているかもしれない」と感じました。

そして、タグに記載されていた電話番号に電話をかけました。

なかなか電話が通じなかったのですが、ようやく飼い主と話すことができました。

すると、飼い主さんから思いがけない衝撃的な言葉が返ってきたのです。

「その子はもういらない。そもそもその子を捜してはいない」

「フレイヤ」は、脱走したのではなく、放置されていたのでした。

酷く冷酷な言葉を聞いてしまった男性は、激怒。

果たして、この男性の取った行動とは??

激怒した男性がとった行動は次のページで






コメント