【感動】その犬は鼻が2つあった…普通の犬とは異なる容姿をしていた犬が幸せを掴む姿に感動する!

  
  



鼻が2つある犬にはなかなか里親さんが現れなかった




ある日、アメリカのカリフォルニア州の路上で1匹の犬が保護され、シェルターへやってきました。

トビーと名付けられた犬はシェルターに来たものの、これまで誰も引き取ろうとはしませんでした。

その理由は、トビーには鼻が2つあるからだったのです。

トビーの容姿が珍しいということもあり、何度かテレビでも紹介されましたが、なかなか里親になりたいという声は上がりませんでした。

もちろんトビーは鼻以外は特に問題はなく、健康そのもので人懐っこい可愛らしい性格をしていたため、スタッフも心を痛めていました。

無情にも時間は過ぎていき、ついにトビーは安楽死リストに登録されてしまったのです。

このままでは安楽死させられてしまうトビーに、ある日ついに奇跡が起こりました。

安楽死の危機が迫るトビーに訪れた奇跡は次のページで






コメント