【心痛】狭い電話ボックスに1匹の犬が捨てられていた…全身ボロボロの状態で辛そうな様子に心が痛む

  
  



電話ボックスで発見されたのはボロボロの犬だった




イギリスのロンドンで動物保護団体を運営しているエマさんに「電話ボックスに大きな犬が捨てられている」という通報が入りました。

この時既に夜になっており、エマさんはすぐに現場へ駆けつけると通報通り電話ボックスの中に大きな犬が捨てられていたのです。

その犬の首には細い紐が巻き付いており、明らかに誰かに飼われていたことは一目瞭然でした。

バリーと名付けられたこの犬は片方の前足を怪我しているようで、ずっと浮かせていました。

さらに狭い電話ボックスだったため、横になることも出来ずにずっと立って過ごしていたのです。

エマさんはバリーを保護しますが、思うように歩けない様子で、抱きかかえるとそのまま脱力してしまいます。

すぐに救急の動物病院へ運んで診察をしてもらった結果、バリーは右肩を骨折しており、全身には古傷があることがわかりました。

また耳にはノミやダニがたくさん付着しており、肺から出血がありました。

恐らくバリーは交通事故に遭ってしまい、飼い主にそのまま放置された後に捨てられたのだろうと推測されました。

バリーは自力で歩けずに神経にもダメージがあるかもしれないとのことで、もしかしたら切断する可能性があると診断されました。

果たしてバリーはこの後どうなってしまうのでしょうか?

保護された後のバリーの様子は次のページで






コメント