【感動】飼い主に捨てられてボロボロだった犬が美しい姿を取り戻す♡

  
  



ボロボロだった犬がどんどん美しい姿を取り戻す!




アメリカのミシシッピ州のクラークスデールにある動物保護シェルターに、1匹の犬が捨てられていました。

捨てた飼い主についての手がかりは全くなく、捨てられてしまった犬はまるでカチカチになったボロボロの布のような酷い状態でした。

保護したスタッフたちも「今までに見た中でもかなり分厚い被毛で覆われていた」と語っていました。

推定年齢が3~4歳ほどの犬にはラグという名前が付けられ、シェルターでケアすることにしました。

ラグの被毛はカチカチに固まっており、ハサミすら通らないほどひどい状態でした。

さらに被毛が足に絡みついており、真っ直ぐに歩けなくなっていたのです。

また、目や耳回りの被毛も伸びきっており、全身の皮膚が被毛の重さで突っ張っている状態でした。

スタッフたちは、なんとか助けてあげたいと願い、バリカンで丁寧にトリミングを開始します。

トリミングを続けたラグのその後の姿は次のページで






コメント