【感動】お腹が空いていて石ばかり食べていた犬…。保護された後ついに幸せを手に入れることが出来た!

  
  



保護された犬は空腹のあまり石を食べていた




ある日、アメリカのカリフォルニア州にあるサン・ハシント砂漠で推定4歳のピットブルが保護されました。

ロッキーと名付けられた犬は極度な飢餓状態で体も痩せ細っていたのですが、お腹だけが何故か膨らんでいました。

もしかしたら妊娠しているのかもしれないと思い、調べてみた結果、なんとロッキーのお腹の中にたくさんの石が入っていたのです。

恐らく、あまりの空腹に耐えられずに石を食べていたのではないかと考えられました。

すぐに胃の中にある石を取り除く手術が行われ、何とかロッキーは健康を取り戻すことができました。

その後ロッキーは一時預かりの里親さんのもとで過ごし、オレゴン州のユージンで広い敷地を持つ動物保護団体『ラバブル・ドッグ・レスキュー』に引き取られていきました。

ここは犬が自由に走り回って遊ぶことが出来る場所で、犬にとっても快適な場所となっていました。

ラバブル・ドッグ・レスキューに到着すると、元々明るくて人懐こいロッキーは、スタッフからも愛される存在になっていきました。

ロッキーは助けてもらったことに喜びを感じ、遊び回る楽しさを覚えましたが、数ヶ月たっても他の犬と馴染むことがなかなかできない状態でした。

保護されたロッキーの様子は次のページで






コメント