【感動】「犬に幸せな楽園を!」私費を投じてたくさんの犬を救ってきた夫婦、その優しき心が世界中に奇跡を起こす

  
  




犬が大好きな夫婦が作ったのは素敵な保護施設だった!




アメリカのワシントン州に暮らしているテイン・ハミルトンさんと妻のクリスさんは、とても犬が好きで何匹も犬を飼って生活をしていました。

しかしある日、その中の1匹が病気になってしまいました。

そして夫婦はこの出来事をきっかけに、路頭に迷っている野良犬たちを殺処分されないように保護して、生涯安心して暮らしていけるような楽園を作ろうと決心しました。

そして夫婦は私費を投じて「グレイ・マズル・レスキュー」という保護施設を作り、虐待や捨てられてしまった犬たちを助ける活動を開始しました。

この2人は決して豊かな生活をしているというわけではなく、広い敷地から廃材を使っていき、立派ではなくてもどこか心温まって落ち着く場所を作り、犬達を保護していきました。

夫婦が保護した犬の中にはシェルターで殺処分される予定だった犬や病気の犬、老犬、盲目の犬や酷い虐待を受けていた犬を保護したこともありました。

これらの犬達は人間に対してトラウマがあったはずなのですが、この施設によって心を開いて明るい表情になっていく姿を2人はずっと見てきました。

犬を救い続けた夫婦の活動のその後は次のページで






コメント