【感動】不自由な足を持つ犬は誰よりも自由な犬だった!愛犬と飼い主さんの傷んと愛情に涙

  
  




車椅子で実現した楽しい大冒険!




ある日、アメリカに住むトムさん夫婦はアメリカのニューヨーク州にあるアニマルシェルター『Yonkers Animal Shelter』へ犬を見に訪れました。

犬を見ていたその時、ピットブルのメルと目が合い、トムさんは運命的なものを感じたため、メルの里親になりたいと申し出ました。

こうしてメルはトムさん夫婦と過ごすことになりましたが、その数週間後、メルは真っ直ぐに歩けなかったり、フラフラしていることに気が付きました。

心配になったトムさん夫婦はメルを動物病院へ連れていくと、メルは神経系の病気でもう治らないと宣告されてしまったのです。

メルの病気を治すことはできませんが、幸いなことに痛みは伴わないとのこと。

それでもやはりトムさんはショックを受けましたが、メルの病気を前向きに捉えようと考え、メルのために四輪の車椅子を準備しました。

最初はメルも車椅子に戸惑っていたようですが、車椅子で歩き慣れた頃には、尻尾を振って嬉しそうに歩く姿が見られるようになりました。

車椅子で歩き回れるようになったメルのその後は次のページで






コメント