【感動】草むらでうごめく赤い物体・・・ボロボロの状態で発見された犬が取り戻した美しい姿に涙

  
  




ボロボロの犬が美しい姿を取り戻すまで…




アメリカにはノーキルシェルターという保護施設があり、ここでは殺処分をせずやなできるだけ保護犬を里親に引き渡していく活動をしています。

その保護施設で働くステファニーさんは、ある日住人から野良犬の保護依頼を受けて救助へ向かいました。

すぐに現場に駆けつけましたか、既に保護犬は姿を消していて、数時間後に林の中にいるのが発見されました。

最初ステファニーさんは、草むらに赤い物体があるのを見つけたのですが、なんとそれは全身が真っ赤に腫れ上がった野良犬の姿だったのです。

長く保護活動をしてきたステファニーさんですが、ここまで酷い状態の犬を見るのは初めてだったのだそうです。

その犬の被毛ははとんどが抜け落ちてしまい、皮膚はまるで火傷を負っているかのように赤くなっていたのです。

さらに体全体がむくんでいて、目には大量の膿が出ているという状態だったのです。

ステファニーさんが働くノーキルシェルターには獣医がいないため、シェルターの近くにできたという動物病院へすぐに搬送しました。

しかし、その犬を見た獣医は「この犬はもう助からない…手の施しようはありません」と告げたのです。

ステファニーさんは慌てましたが、すぐに冷静に判断してもっと大きな動物病院へ連れていくことにしました。

しっかりと診察をしてもらった結果、この犬の状態がより詳しく明らかになりました。

なんとこの犬の体にはエアガンで撃たれた跡があり、さらに子犬の頃から栄養失調だったことで消化器系と関節形成が不十分で上手く歩くことができない状態だったのです。

目から膿が出て被毛が抜け落ちてしまっていたのは、イヌニキビダニが寄生することで発症する「毛包虫症」を患っていることが原因だともわかりました。

この毛包虫症は、母犬から感染して免疫が落ちたときやホルモン異常によって発症しやすくなるのだそうです。

毛包虫症は治療すれば完治しますが、腸や脚などに異常があり歩くことができない状態で、その姿を見たステファニーさんですら安楽死させたほうが良いのでは…と考えてしまったのだそうです。

しかしここから奇跡が起こりました。

ボロボロな状態の犬のその後の様子は次のページで






コメント