【感動】ブリーダーから盲目の犬を引き取った女性…その後の彼女の大きな決断が素晴らしすぎる!

  
  

■ティベリウスの生活はさらに幸せなものになっていった!

こうして新しく家族として迎えたオーストラリアン・シェパードの子犬は、ブッカーと名付けて育てることになりました。

ブッカーがやってきた日からは2匹はいつも一緒に過ごすようになりました。

ティベリウス自身、目は見えなくても音や匂いには敏感だったようで、ブッカーがどこにいるのかはすぐにわかりました。

そして2匹はいつも仲良く遊ぶようになりましたが、その時のティベリウスは盲目とは思えないほど活発に動き回っているようです。

その生活の様子がこちら!

ティベリウスとブッカーが2歳になった頃に、マリーさん一家はミネソタ州に引越しをしましたが、現在も家族全員で毎日楽しく元気に暮らしているのだそうです。

今回マリーさんの行動には本当に見習いたい部分がたくさんありました。

ティベリウスが盲目と知った後、マリーさんはブリーダーを責めることなく、代金の返金を要求するわけでもなく、この子を最後まで育てるという決断をしました。

きっとマリーさんにとって、盲目であろうが健常であろうが大切な家族の1人であることに変わりはなかったのでしょう。

心優しいマリーさんの元で、これからもティベリウスとブッカーに幸せがたくさん訪れますように…






コメント