【奇跡】倉庫で見つかった瀕死の犬・・・保護されて10日目の姿に涙

  
  

■保護されてから10日後には元気な姿になっていった!

白い犬は逃げようとしましたが、その犬には逃げる力も速さもありませんでした。

レスキュー隊は優しく声をかけながら保護することができましたが、その時の犬は暖かい毛布に包まれ、助かったんだ…と思ったのか、非常に大人しかったのだそうです。

人間に噛み付くこともなかったため、元々はとても心優しくて穏やかな犬だったのでしょう。

保護されたこの犬はすぐに動物病院に運ばれて適切な治療を受けることになりました。

この犬は脊髄を損傷していましたが、スタッフ達からの助かってほしいという願いが通じたのか、ここから奇跡的に回復していったのです。

すっかり回復した犬は、人間に対する信頼も取り戻したようで、とても元気そうな表情を見せてくれました。

この子を絶対助けたいという人間の強い意志が、この犬をここまで元気にしてくれたでしょう!

もしあのまま倉庫にいたら、もしかしたら死んでしまっていたかもしれません…そうならなくて本当に良かったですね。

今回の救出劇の様子は動画でも公開されました。

誰かに捨てられてしまったのか、はたまた野良犬から生まれた子犬が成長したのかはわかりません。

ですが、この犬にはこれから新しい里親さんを募集して幸せな家庭を見つけていく予定となっています。

いつか暖かい家庭で楽しく駆け回れる姿が見られることを願います。






コメント