【感動】車に轢かれて下半身不随になってしまった犬…。そんな辛い境遇から救ってくれたのは1人の旅行者だった!

  
  



下半身不随だった犬と出会った旅行者




今から十数年前のこと…アメリカ出身のナンシー・ジェーンズさんは、ルーマニアに旅行へ行った時に1匹の野良犬と出会いました。

その野良犬はまだまだ子犬で、よく見ると後ろ足に大怪我を負っていて、這うようにして移動をしていました。

その状態であっても、野良犬は一生懸命食べ物や身を隠す場所を探していたのです。

一体何故こんな状態になってしまったのか…恐らくは車に轢かれてしまい、そのまま放置されてしまったのだろうと思われました。

その姿を見たナンシーさんは「私がこの子を助けないと死んでしまう」と思い、すぐにその野良犬を抱きかかえて動物病院へ向かいました。

しかしそこで診察をした獣医師は「この犬はもう二度と歩くことはできない」と判断し、治療すらしてくれなかったのです。

あまりにも酷い扱いにナンシーさんは憤りました。

果たしてこの野良犬はこれからどうなってしまうのでしょうか?

治療を拒まれた犬のその後の様子は次のページで






コメント