【奇跡】生後10ヶ月で保護された犬は飢餓状態だった…。保護施設のスタッフによる懸命な治療で健康的な体を取り戻す!

  
  



生後10ヶ月で保護された犬は飢餓状態だった…




スペイン南部グラナダ州の警察に、地域住民から「今にも死んでしまいそうな状態の犬がいる」との通報が入りました。

警察はすぐに動物保護団体に協力を要請し、すぐに動物保護団体「Albergue de Animales Dog House」スタッフが駆けつけると骨と皮だけの痩せ細った犬の姿が発見されました。

すぐにその犬を保護し、急いで動物病院へと運びましたが、あばら骨や骨盤がくっきりと見えるほど痩せてしまっている犬は、意識が朦朧としていて、早く処置をしないと死んでしまいそうでした。

この時スタッフや獣医師達は飢餓状態によって内臓機能が低下しており、それによって生きる力も残っていないのではないかと思われており、誰しもが諦めていました。

実際に獣医師が診察台にその犬を乗せても、衰弱していて立ち上がることはおろか、嫌がったりする素振りも見せませんでした。

その姿を見た獣医師やスタッフたかはこれまでの経験から「今夜が峠かもしれない…」と思っていたのだそうです。

基本的に衰弱した状態で、いきなり食べ物を与えると、逆に危険になってしまうので、まずは循環器を整えるために点滴を打つことにしました。

その後に、時間をかけながら水と食べ物を少しずつ与えていくことにしました。

最初の数日間は、食事は5~6回ほどに分けて少しずつ与えていき、消化機能の状態をチェックしながら回復させていきます。

すると、この方法が功を奏したのか、朦朧としていた意識が徐々に回復していき、目も活き活きとし始めたのです。

その姿を見た獣医師やスタッフ達は奇跡的な回復に喜び、この犬には「バリラ」と名前が付けられて治療を行っていきました。

診断の結果、この犬はベルジアン・シェパード・ドッグのミックスで、生後10ヶ月程度ではないかと推測されました。

まだまだ子どものバリラは、きっと怖くて辛い思いをしてきたのでしょう…そう思うと心が痛みます。

奇跡的に回復していったバリラのその後は次のページで






コメント