【感動】廃車に繋がれていて放置されていた1匹の子犬…。徐々に人間に心を開いていく瞬間に心温まる!

  
  



廃車に繋がれていた子犬を誰も助けようとはしなかった




東ヨーロッパにある人口約750万人ほどいる国ブルガリア…。

ここにある動物保護団体に村人の女性から「トレーラーに繋がれたままの子犬を助けてほしい」という連絡が入りました。

しかし既にその保護施設は満員だったため、新たに子犬を受け入れることができなかったため、ひとまずスタッフが女性に詳細を聞くことにしました。

すると「子犬は伝染病を患っているという理由で何者かがトレーラーに子犬を括り付けて飼育放棄をした」

「たまたま通りかかった人が水やパンを与えるだけの生活が10日ほど続いている」

「伝染病が人に移ったら決して触ってはいけないと村の人たちから見放されてしまっている」というような内容だったのです。

これは放ってはおけないと思ったスタッフはただちに保護へ向かいました。

そして現場に到着したスタッフが見たのは、頑丈な鎖をトレーラーに括り付けられて放置された子犬の姿でした。

子犬の周りには排泄物が散乱していて、ハエが飛び交っているような状態で、誰が見ても不衛生だというような状態だったのです。

その子犬は推定10ヶ月ほどとされ、スタッフの姿を見た子犬は最初は怯えているようでしたが、優しく声をかけられていくにつれて心を開いていきました。

スタッフが差し出した手を何度も舐めており、助けてほしいという気持ちを一生懸命伝えている様子でした。

そして頭を撫でようとすると、少し逃げようとしましたが、叩かれないと思って安心したのか、尻尾を振って撫でられるのを喜んでいました。

この犬は「デューク」という名前が付けられましたが、保護施設は満員だったので、ひとまずスタッフのトニーさんが預かって自宅で保護することになりました。

保護されたデュークのその後は次のページで






コメント