【感動】子ども達と保護犬に強い絆が結ばれる…。子ども達から保護犬達へ本の読み聞かせをプレゼント!

  
  



保護犬達へ…子ども達から読み聞かせのプレゼント!




2014年にアメリカ、ペンシルベニア州にある動物保護施設「アニマル・レスキューリーグ」で、保護猫と子どもたちの触れ合いの場を作りました。

これは猫のことをもっと知ってもらうために、子どもたちが猫たちに絵本の読み聞かせをするというプログラムが行われました。

その取り組みによって、保護された動物に対する理解が広まっていき、里親になりたいという人が増え始めたのです。

そしてこれをきっかけにアメリカ国内では子ども達が放課後のボランティア活動として、動物保護施設で保護されている動物たちと触れ合う取り組みが広がっていきました。

そんな中、アメリカのミズーリ州セントルイスにある動物保護施設で、2016年から市内の小学校と提携して子ども達が保護犬に本を読み聞かせるという企画「Deck the HOWLS」が行われました。

子ども達が読み聞かせをしている様子は次のページで






コメント