【感動】「犬をこの手で抱きしめてあげたい」事故で脳に大きな損傷を受けてしまった少年…。彼を救ったのは1匹のセラピー犬だった!

  
  



事故で脳に損傷を受けた少年は植物状態だった…。




アメリカのユタ州で暮らしているカレブ・ハワード君は、ある日悲惨な交通事故に巻き込まれてしまい、病院に運ばれました。

幸い命は取り留めましたが、全身骨折と脳の損傷が大きかったようで、意識がない状態が続いていました。

医師や家族からの呼びかけにも反応はなく、カレブ君は長い間、植物状態になってしまったのです。

その後、医師の賢明な治療によってカレブ君の意識は回復しましたが、運動機能が低下していたため、歩くことや物を掴むことができませんでした。

またカレブ君は交通事故によって、体だけでなく心にも大きなダメージを受けていたようで、生きる気力すら失っている状態でした。

それでも両親はカレブ君の回復を諦めておらず、人間の心を癒してくれるセラピー犬でカレブ君の心を癒してもらうことを考えました。

そしてついに、カレブ君のところにゴールデンレトリバーのセラピー犬「カーネル」がやってきましたが、なんとここで1つ目の奇跡が起こりました。

今まで、カレブ君は医師や家族にの呼びかけに何の反応も示さなかったのですが、カレブ君はカーネルをじっと見つめていたのです。

その姿を見た両親は、カーネルならカレブ君を助けてくれるに違いないと確信しました。

それからカーネルは何度も病院を訪れるようになり、カレブ君の生きる気力も少しずつ高まっていきました。

その甲斐もあり、カレブ君はカーネルが側にいてくれれば、周囲からの呼びかけにも反応するようになりました。

そして2つ目の奇跡が起こります。

それは、リハビリルームで横になっているカレブ君に、カーネルが寄り添っていた時に起こりました。

カレブ君が「カーネルを抱きしめたい!」という強く思ったのか、右手をカーネルの体に乗せて、優しく体を撫で始め、右足をカーネルの上に乗せることまでできました。

その姿を見たセラピストや作業療法士は驚き、両親は大喜びしました!カーネルもきっと嬉しかったことでしょう。

それからカレブ君はどんどん回復していきました。

カレブ君とカーネルが起こした奇跡は次のページで






コメント