【感動】夜中に公園でずっと吠え続けていた野良犬…。ずっと吠え続けていた理由とは?

  
  



夜中に公園でずっと吠え続けていた野良犬




アメリカのテキサス州ダラスにある大きな公園で、1匹のオスの野良犬がうろついている姿が目撃されました。

その野良犬の姿が現れ始めてから数週間後に、夜間になると大きな声でワンワンと吠えるようになりました。

その情報を得た地元の動物保護団体は、その野良犬の保護に向かいました。

しかし、この野良犬は警戒心が強いのか、スタッフ達に心を開いてくれず、スタッフ達もなかなか捕まえられない状況が続きました。

そこで夜間に保護することにして、スタッフのタラシャフスカさんとミラーさんが夜に公園へ向かうと、保護する野良犬が自ら2人に近づいてきたのです。

しかも、その時はまるで何かを強く訴えかけているかのようにワンワンと吠えかかってきました。

しかし2人が野良犬に近づくと、やはり野良犬は昼間と同様に後ずさりしてしまいますが、この時は何かが違っていました。

その野良犬は2人に「僕に付いてきてほしい!」と訴えかけているようにも見えたのです。

ミラーさんは犬の行動学を専門的に学んでおり、今回の野良犬の鳴き声の意味に気付いた2人は、そっと野良犬の後ろを付いていくことにしました。

そのまま野良犬の後を付いていくと、公園を出て林を過ぎていき、小川まで辿り着きました。

そして2人は焼け落ちた木の根元にたどり着き、そこに空いていた大きな穴を覗き込むと、中には生まれたばかりの10匹の子犬と衰弱した母犬が今にも死んでしまいそうな状態で発見されました。

この時のダラスの最低気温は8度程度で、かなり寒く、母犬自身も衰弱しているため、十分に子犬を温めてあげられなかったのを父犬と思われる野良犬が気付いて助けを求めたのでしょう。

2人はすぐに母犬と10匹の子犬と父犬の全員を保護することにしました。

保護された野良犬たちのその後の様子は次のページで






コメント