【感動】孤独に過ごす子猫が出会ったのはとある猫の親子だった・・・ほかの猫を優しく受け入れ本当の家族になっていく姿に涙

  
  




ひとりぼっちだった猫は、とある猫の親子と出会った!




とある農場ではペットとして飼われていた親子の猫たちが住んでいました。

その農場には程よい広さの納屋があり、母猫はそこで生まれたばかりの6匹の子猫を大切に育てながら過ごしていました。

この母猫はとにかく愛情深い猫だったようで、全ての子猫たちにたっぷりと愛情を注いでいたようです。

そんなある日のこと、ちょっと体が大きめな子猫が1匹納屋に迷い込んでやってきました。

その子猫は仲睦まじい親子の姿を見ると、羨ましくなったのか、その輪の中に加わっていきました。

どうやらこの子猫は母猫とはぐれてしまったようで、母親の愛情を求めながらさまよっていたのでしょう。

突然やってきた子猫でしたが、その母猫は追い払うこともなく、その子猫を優しく迎え入れてくれました。

なんともほのぼのとする光景ですね!

果たしてこの後母猫はどんな行動をとったのでしょうか?

その後子猫と母猫のほっこりするやり取りは次のページで






コメント