【賞賛】1日で2万匹の保護動物を里親さんに!アメリカで行われた動物愛護キャンペーンが素晴らしすぎた!

  
  



アメリカで行われた動物愛護キャンペーンがすごかった!




ある夏の日のこと、アメリカにある700ヶ所近くのシェルターが一丸となって、ある目標のために大きな取り組みが行われました。

その目標は「できるだけ多くの動物に新しい飼い主さんを見付けてあげること」でした。

アメリカのテキサス州にあるシェルターがこの取り組みに先駆けて、シェルターにいる300匹の犬や猫に飼い主さんを見付けることにしました。

そしてこの取り組みは、アメリカのテレビ局NBCとTelemundoが主催者となって『Clear The Shelters(CTS)』と名付けられて活動をすることになりました。

そして先駆けて活動をしていたテキサス州の「フォート・ワース・アニマル・シェルター」は、310匹の動物達に里親が決まり、全ての檻が空になったという結果となりました。

シェルターにいた動物達はそれぞれ幸せな生活を手に入れましたが、その中でも印象的だったのが、ピットブルのジェーンでした。

ジェーンは、迷い犬としてフォート・ワース・アニマル・シェルターに保護されました。

ジェーンはとても恥ずかしがり屋で自分から人間に近付くこともなく、シェルターの職員が抱き上げないと檻から離れようともしなかったのです。

それでも少しずつシェルターの職員と信頼関係を築いたジェーンでしたが、今度はずっと職員にベッタリになりすぎたことで、新しい里親さんからも敬遠されてしまったのです。

ジェーンを通して見る動物愛護の今後の在り方は次のページで






コメント