【感動】瀕死寸前の猫と出会った1人の女性…。彼女の助けたいという思いが奇跡を起こした!

  
  




瀕死寸前の猫を死なせたくなかった女性の強い思い




それは2016年6月頃の韓国での出来事でした。

ある日、レイチェル・ブラウンさんは重度の上部呼吸器感染(URI)と脱水症状になっている猫を保護施設で見つけました。

レイチェルさんは猫の状態があまりにも深刻だったので、死んでしまう前に助けたいと思いました。

しかしレイチェルさんが引き取ろうとした猫の状態は想像以上に深刻で、獣医師からも「医療費が高額になってしまうし、正直助かるかどうかもわからない」と言われてしまいました。

通常なら獣医師から「この猫はもう助からない」と言われてしまうと、引き取るのをやめてしまう方が多いです。

ですがレイチェルさんはこの猫と出会った時から、何とか助けたいという気持ちが強かったようです。

レイチェルさんは猫と出会った翌日に、猫を引き取って一緒に生活をすることになりました。

レイチェルさんと猫のその後の生活は次のページで






コメント