【感動】愛犬の病気をきっかけに10年間保護活動を続けた夫婦。それは悪徳パピーミルを撲滅するためだった

  
  



とある夫婦は愛犬の病気をきっかけに10年間保護活動をしていた!




アメリカのミズーリ州で暮らすボッグス夫婦は、犬や猫達のの保護活動をかれこれ10年間行っています。

ボッグス夫妻が保護活動を始めたのは、妻であるケーシーさんが19歳の時にペットショップで購入したトイ・フォックス・テリアの「ロキシー」がきっかけでした。

ロキシーが家族になったすぐ後、ケーシーさんはロキシーの動き方に違和感があることに気が付きました。

すぐに動物病院に連れて行くとロキシーは「股関節欠乏症」という障がいがあったことがわかったのです。

これは、悪徳ブリーダーによる子犬を繁殖させる工場(パピーミル)で死ぬまで赤ちゃんを産ませられたことが原因で起こることを獣医師から聞いたケーシーさんは、驚愕しました。

ロキシーはすぐに外科手術が施されましたが、これで解決!という問題ではない…。

そう感じたケーシーさんはある決断をしました。

現在アメリカではパピーミルを撲滅するために、2008年のバージニア州をはじめ、ルイジアナ州やオレゴン州やワシントン州などでも繁殖施設で飼える成犬は50匹までが上限だという法律もあります。

しかし、当時のミズーリ州の場合、なんと3,000ヶ所以上のパピーミルが実質野放しにされているような状態だったのです。

これはアメリカでもワースト1とされており、中には「アメリカのパピーミル首都」とまで言われているほどひどい状態でした。

そんな中、ケーシーさんはロキシーの手術をしてくれた動物病院の獣医師と協力してペットショップを相手に訴訟を起こしました。

調査の結果、手渡された血統書や健康診断書が偽物だっだことが判明し、さらにロキシーのように体に障がいがある犬を販売していたということで。そのペットショップは敗訴となり、閉店することになりました。

そして大変な手術を受けた後のロキシーは、現在正式なセラピー犬として多くの人々を癒やす活動をしているのだそうです。

辛い思いをしていたロキシーの現在の様子は次のページで






コメント