【感動】歩けなくなって生きる気力も失っていた老犬。しかし飼い主さんからの愛情が奇跡を起こした!

  
  



歩くことが出来なくなったハスキー犬は生きる希望を失っていた




飼い主さんと長年一緒に過ごしているシベリアンハスキーのケインは、高齢犬になってから後ろ足が突然動かなくなってしまいました。

原因は関節の状態が悪くなったと思われ、動物病院で診察をしてもらいましたが、高齢犬であるため手術は行わずに痛み止めで対処することしかできませんでした。

実際高齢犬の場合、手術が必要だとされても麻酔によるリスクが大きいと判断されると手術ではなく温存療法や対処療法で治療をするケースがほとんどなのです。

飼い主さんは痛みをこらえるケインの足を優しくさするか、痛み止めを飲ませることしか出来なかったので、毎日心を痛めていました。

ケイン自身も、痛み止めが切れると襲いかかる痛みに耐えながら生活を続けていましたが、歩けなくなったことで生きる気力を失ってしまいました。

何が出来ることはないだろうかと考えた飼い主さんは、色々と調べていき、やがて【プールセラピー】という方法を見つけます。

プールセラピーは浮力と抵抗力によって、犬の足や腰に負担をかけることなく運動をすることが出来るもので、高齢犬にはピッタリなセラピーです。

飼い主さんも一緒にプールに入って、ゆっくり水中を歩いてケインに水流の負荷をかけて運動させていき、ケインもまたリラックスした状態でプールを楽しんでいました。

そしてこのプールセラピーが、ケインに奇跡を引き起こしたのです。

ケインに起こった奇跡は次のページで






コメント