【感動】交通量の多い道路をさまよう捨て犬。心を閉ざしながらも人に歩み寄る姿に胸が熱くなる

  
  



野良犬がいた場所は交通量が多いところだった




無責任な飼い主によって捨てられてしまった犬は、保護されるまでまともに食事ができなかったり暑さや寒さに耐えながら過ごさなくてはなりません。

しかし他にも気を付けなくてはならないのが、交通事故です。

行き場を失った犬達は、不安や空腹などから周りを気にしている余裕もないため、交通事故に遭ってしまう可能性も高くなってしまうのです。

ルーマニアのとある地方にもまた、1匹の迷い犬がさまよっていました。

恐らく誰かに捨てられてしまったであろうその犬は、なんと交通量が多い所をウロウロしていたのです。

幸い事故に遭う前に保護スタッフによって発見されましたが、無理に保護しようとすると逃げ出して車に轢かれてしまう危険性がありました。

そこでスタッフは犬が心を開くまで待つことにして、無理に保護しようとせずに様子を見ることにしたのです。

しかし犬の周りにはスピードが出ている車が行き交い、スタッフ達もヒヤヒヤしていました。

そしてその犬も、スタッフ達がずっと見守ってくれていることに気付いたのか、徐々に心を開いていったのです。

心を開いた野良犬のその後の様子は次のページで






コメント