【ほっこり】ずっと威嚇していた保護猫…。しかし翌日にはすっかり甘えん坊の姿に!その姿にほっこり♡

  
  



保護された猫は人間を信用していなかった




ある日、とあるお宅の庭に母親がいない子猫の姿がありました。

既に何匹かの猫を飼っていた家主さんは、子猫を家の中に招き入れてご飯を与えることにしました。

しかし子猫は人間にまだ慣れていないこともあり、信用出来ずに何度も「シャー!」と威嚇してきました。

家主さんはひとまず動物病院へ連れて行って診察をしてもらい、帰宅してからシャンプーで体全体のノミを洗い流します。

スッキリして落ち着いてきた子猫は、ようやくご飯を食べるようにはなりましたが、まだまだ警戒心のあった子猫は食後も威嚇し続けていました。

しかし心優しい家主さんによって、次第に子猫は心を開き始めていたようです。

保護された猫の翌日の様子は次のページで






コメント