【感動】心無い飼い主のせいで両目を失ってしまった犬…。それでも前向きに懸命に生きる姿に胸を打たれる!

  
  



非道な飼い主のせいで目を失ってしまった犬




昨年、アメリカのアラバマ州の路上で保護された犬が動物保護施設に預けられ、「シェップ」という名前が付けられました。

シェップが保護された時、左目の眼球が無く、右目も激しく損傷を受けていたためほとんど目が見えない状態だったのだそうです。施設のスタッフは…

「シェップはほとんど目が見えていない状態で路上をさまよっていました。
その後施設で保護されることになりましたが、何故シェップがこんな状態になってしまったのかはわかりません。

私たちは飼い主からネグレクトを受けていたのだろうと推測しました」と話していました。

すぐにシェップは目の治療を専門とする動物病院で検査を受けましたが、その結果右目が重度の感染症を引き起こしていることがわかったのです。

シェップはそのまま緊急手術を受けることになりましたが、残念ながら残っていた右目の眼球も摘出せざるを得なくなってしまいました。

完全に目が見えなくなってしまったシェップは暗闇の中で過ごすことになってしましました。

しかしそれから数日後、ブラノンさんという女性によってシェップの生活が大きく変わることになります。

動物保護施設のスタッフがFacebookでシェップの様子を掲載した時に、その記事をブラノンさんが見て「ぜひシェップを引き取らせてほしい」と申し出てくれたのです。

そして実際にシェップの姿を見たブラノンさんは、すっかり一目惚れしたようで、その日のうちに引き取って家族の一員として迎え入れてくれたのです。

ブラノンさんに引き取られたシェップは新しい家で新しい生活を始めることになりました。

それから数日後、シェップは目が見えていないことを感じさせないほど元気に動き回る姿が見られるようになりました。

新しい家族に引き取られたシェップの生活は次のページで






コメント