【心痛】1年間ずっと孤独に過ごしていた1匹の犬…。伸びすぎた被毛に隠れていた表情とは?

  
  




1年間放置されていた犬は被毛が伸びきっていた




ロシアのシベリアにあるノヴォシビルスクにあるアパートからボロボロになっている犬が保護されました。

動物保護団体のスタッフがアパートへ入った瞬間、そこは異臭が充満しており、良い環境とは言えない状況でした。

その部屋の中にグレーの塊のようなものが動いており、スタッフが近寄ると、その正体は犬だったことが判明したのです。

その犬はオールド・イングリッシュ・シープドッグという犬種で、この犬を飼っていた飼い主のゴレ。ズダノフさんは今から1年前に79歳で亡くなっていたのです。

実は飼い主さんが亡くなってから1年間、この犬はずっと1人ぼっちでこの部屋に住んでいたのです。

その中でズダノフさんの親戚はこのアパートをどうやって遺産相続をするかということで揉めており、犬に対しては餌と水をあげるだけという状態になっていたのです。

一応ベランダで用を足せるようにはしてありましたが、その犬はアパートの中にある貴重品の番犬としてずっと部屋に閉じ込められていたので、とても可愛がられているようには思えませんでした。

そして1年後に親戚間で遺産相続の決着がつき、アパートを売り払うことになった時に「この犬は邪魔だから引き取ってくれ」という身勝手な理由で動物保護団体に連絡を入れたのです。

保護された時の犬の被毛は排泄物によって固まってしまっており、自力で立ち上がることもできないような状態でした。

実際オールド・イングリッシュ・シープドッグは牧羊犬として活躍する犬で、非常に穏やかで明るい性格なので番犬にはちょっと向かないタイプの犬種です。

さらに毛が非常に長く量も多いので、本来なら毎日ブラッシングやケアをしないといけない犬種だったのです。

毛をカットしていった時に見えた犬の表情は次のページで






コメント