【感動】交通事故で大怪我を負ったフクロウと救った男性…。1人と1羽の深い絆に感動する!

  
  



大怪我を負ったフクロウを助けたのは心優しい男性だった




アメリカのミシシッピ州に拠点を置く「Wild at Heart Rescue」という動物レスキュー団体は、ある日車に轢かれて大怪我を負ったフクロウを保護しました。

そのフクロウには「ジジ」という名前が付けられましたが、ジジは瀕死の状態で予断を許さない状態でした。

ジジを保護したPojekyさんは当時の状況について…

「ジジは生きているのが不思議なほど衰弱していました…。私は過去にたくさんの動物たちを保護してきましたがこんなに痛々しい姿をした動物を見たのは初めてです」と語っていました。

いつ死んでしまってもおかしくない状態のジジでしたが、それでもPojekyさんは懸命に看病を続け、その甲斐もあってかジジは徐々に回復していきました。

そして保護されてから数日後にはすっかり傷は完治し、ジジは元気な姿を取り戻しました!

そしてPojekyさんはジジの回復を見届けた後、家族たちと過ごすために数日間休暇を取ることにしました。

そしてその数日後にPojekyさんが施設へ戻ってくると、ジジは驚きの行動を取ったのです。

Pojekyさんを見たジジが取った行動は次のページで






コメント