【感動】「病気だから安楽死をさせたい」といってきた飼い主…しかしその後の獣医師の判断によってセカンドチャンスが訪れた!

  
  



飼い主が安楽死を依頼してきた時の獣医師の判断




ファングと名付けられた黒猫は、ある日飼い主と一緒に動物病院へやってきました。

実はこのファングは膀胱の病気にかかってしまっていたのです。

しかし飼い主が病院へ行った理由は治療ではなくファングを安楽死させてほしいとお願いするためでした。

その飼い主の様子を見た獣医は「もうこの飼い主はファングを育てる気がないんだ」と思い、動物病院で引き取って治療をしながら面倒を見ることにしました。

そしてじっくり診察をした結果、この膀胱の病気は少しの間だけ食事制限をするだけで完治させることができたのです。

ですが左目が感染症を起こしてしまっており、既に手遅れの状態だったため、眼球を取り出す手術をすることになったのです。

飼い主から安楽死させられそうになり、さらには左目を失ってしまったファングにとってもかなり辛いことだったと思います。

しかしこの後、ファングにとって嬉しい出来事が起こりました。

ファングに訪れた嬉しい出来事は次のページで






コメント