【驚愕】「おばあちゃん…どこに行ったのー?」介護施設へ入所したおばあちゃんを探していた猫…その行動力の高さに驚かされた!

  
  



大好きなおばあちゃんをずっと探し回っていた猫




ある日、イギリスのリッチモンドに住んでいたナンシー・コーエンさんはグレートホワイトの毛をした可愛い野良猫を保護しました。

そしてこの猫に「クレオ」という名前をつけて家族の一員として迎え入れることにします。

そして今から8年前…クレオと一緒にウェストコットへ引っ越していきました。

しかしこの頃からナンシーさんは高齢なこともあり、自力で生活をするのが困難になってしまったため、介護施設へ入所することになりました。

クレオを介護施設へ連れていくこともできなかったので、近所の人にクレオを引き取ってもらうことにしたのですが、やはり離れ離れになるのはナンシーさんにとっても辛かったのだそうです。

そしてついにナンシーさんとクレオは離れ離れになって過ごすことになってしまいました。

それから2週間後のこと…介護施設のスタッフが周辺をずっとうろついている野良猫を発見します。

その猫は建物の周りをウロウロしていたり、時々窓から中を覗いたりしていて、夜には外のベンチでお腹を見せて寝る姿が見られました。

最初スタッフ達も野良猫だろうと思っていたのですが、毎日触れ合っていくにつれて人懐っこい猫であることがわかり、スタッフ皆が猫にすっかり夢中になってしまいました。

そしてついには施設の新しい住居人として招かれることになったのです。

猫が施設にやってきた驚愕の理由は次のページで






コメント