【感動】生まれつき肉球がなかった犬…。不遇な環境にいたこの犬にセカンドチャンスが訪れる!

  
  



生まれつき肉球がなかった犬は辛い日々を送っていた…




犬のチャームポイントの1つでもある肉球は、実は歩くために大切なものでもあります。

しかし、タイで生まれたシベリアンハスキーの子犬は、先天的な疾患によって4本の足に肉球が付いていなかったのです。

本来肉球の役割としては、地面の衝撃を吸収して骨や関節を守ったり、熱さや冷たさやデコボコを感知したりと、犬にとっては大切な感覚器官です。

つまり犬にとって肉球がないことは、非常に危険でもあり、さらにこの子犬の場合はお尻周りや腰も悪い状態だったため、長時間自力で立つことが困難だったのです。

生まれたシベリアンハスキーの子犬が何故こんな状態になってしまったのかというと、近親交配ばかり行っている悪質なバックヤードブリーダーのせいだったのです。

そんな酷い環境にいた子犬がどういう経緯で保護されたのかはわかりませんが、当時はバンコクにある動物保護シェルターに保護されて里親さんを待っていました。

もしここが他の国だと殺処分の対象になっていた可能性もあったのですが、タイでは基本的に犬の殺処分が禁止されていました。

そこでシェルターはFacebookで里親募集をしましたが、やはりハンデキャップがあったことから、なかなか里親さんが現れませんでした。

そんな中、たまたまこのFacebookを見ていたキットさんという男性は、この子犬を見た瞬間「この子犬にセカンドチャンスを与えて幸せにしてりたい!」と思ったのだそうです。

当然肉球がないということを知っていましたが、だからこそ自分が里親になってこの子犬を幸せにするべきだと思い、「マヤ」と名付けて育てることにしました。

マヤが掴んだセカンドチャンス…その様子は次のページで






コメント