【感動】ガンの治療を拒否した90歳のおばあちゃんは愛犬の旅を楽しむことにした…その旅の内容に心温まる!

  
  



ガンの治療を拒否したおばあちゃんは愛犬のとの旅を楽しむことにした!




ある日、医者からガンであることを告げられてしまった90歳のノーマさん。

治療を勧められたそうなのですが、ノーマさんは…

「私はもう90歳なの。だからこれから旅に出ようと思っているわ!化学的な治療を受けても、あと何年生きるかもわからない…なら死ぬまで楽しんで生きていたい」とハッキリ言ったのです。

そこで息子さんのティムさんとその妻であるラミーさん、そしてティムさんの愛犬である8歳のプードル犬「リンゴ」を連れてキャンピングカーでアメリカ中を旅することにしました。

ラミーさんは…

「愛犬のリンゴは私たちの旅にいなくてはならない存在です。リンゴがもしいなかったらこの旅は全く違うものになっていたでしょう…」と語っており、リンゴはノーマさんの元から離れずに、いつも側に寄り添っていたのです。

では彼女たちは一体どのような旅をしているのでしょうか?それは見ているだけで楽しそうな雰囲気が伝わる素敵なものだったのです。

ノーマさんとリンゴの楽しい旅の様子は次のページで






コメント