【感動】野良犬のお世話に全てを捧げ生涯を終えた1人の女性・・・葬儀で目にした光景に涙が止まらない

  
  



ある女性の葬儀に参列したのは人間だけではなかった…




メキシコのユカタン州にあるメリダという街に、とある女性が住んでいました。

その女性の名前はマルガリータ・スアレスさんといい、彼女は人生の大半を野良犬達のお世話に捧げてきていたのです。

毎日外に出て野良犬に餌を上げ続けたマルガリータさんに対して、たくさんの野良犬達もまた彼女に懐いており、地元でも有名な女性だったようです。

しかし昨年3月…マルガリータさんは突然亡くなってしまったのです。

その後彼女の葬儀が行われ、親族や友人達が多数参列し、彼女の死を悼みました。

そして彼女の葬儀に集まったのは人間だけではなく、なんと過去にマルガリータさんにお世話になった野良犬達もぞろぞろと葬儀に参列してきたのです。

その様子を見たマルガリータさんの娘さんは…

「葬儀の最中に葬儀場の入り口を見ると、たくさんの野良犬達が集まっていました…最初葬儀場のスタッフの方達も初めて見る光景に困惑してしまったようですが、野良犬達も弔いに来たとわかると彼らも中に入れてくれたんです」と語っていました。さらに…

「棺が霊柩車に乗せられて火葬場へ向かう時も野良犬達は後を付いてきました…そして火葬の準備が終わって母の姿が見えなくなると、野良犬達は何かを察したように火葬場を立ち去ったの」とも語っていました。

お別れを言いに来た野良犬達の様子は次のページで






コメント