【私についてきて!】足が折れながらも歩く事をやめない犬。その場所にたどり着いたとき、スタッフの目に涙が

  
  



足が折れてもなお犬が伝えたかったこと




心理学者のリアンネ・パウエルさんは道を歩いている時に足を引きずっている犬の姿を見つけました。

放っておけなかったリアンネさんは、すぐにその犬を動物病院へ連れていきました。

その結果、この犬は片足を骨折していることがわかったのですが、驚くべきことに授乳中であることも判明し、子犬を産んで育児をしている途中であることがわかりました。

しかし犬を発見した時には近くに子犬の姿はありませんでした。

すると担当医のエレナさんは、この犬がどこかに連れて行こうとしていることに気が付きました。

そこでエレナさんは犬に首輪を付けて、足をプロテクターで固定したうえで、犬の後を付いていくことにしました。

足を骨折して痛みもあるはずなのに、その犬は足を止めることなく進み続けていました。

「自分のことは構わなくて良い…」というような雰囲気も感じられたのだそうです。

果たしてこの犬は、エレナさんをどこへ連れて行きたかったのでしょうか?

痛みをこらえながらも犬が伝えたかったことは次のページで






コメント