【賞賛】老犬も若々しい姿に大変身!とある男性が多くの保護施設を渡り歩く理由に賞賛の声が相次ぐ!

  
  



動物保護施設を渡り歩く男性の試みとは?




アメリカのニューヨークに住んでいるマークさんという男性は、ある目的を持って動物保護施設を渡り歩いていました。

その目的「無料で保護施設にいるワンちゃん達のトリミングをする」というのはということでした。

マークさんがこの活動をするきっかけとなったのは、彼の婚約者の一言だったのだそうです。

マークさんは婚約者から「やりがいがあって、一生懸命取り組めるような仕事を探してみるのはどうだろうか?」と言われたことで彼の心が動いたのだそうです。

マークさんは「自分が熱心に取り組める仕事は何だろうか」と考えた時に、あることを思い出します。

それは犬を保護施設から引き取った時に、犬の毛がボサボサに伸びきっていて、可愛い顔もすっかり隠れてしまっていたことでした。

動物が好きなマークさんにとって、その姿が印象に残っており「もしかしたら保護施設の犬の身なりを綺麗に整えたらもっと多くの里親さんが見つかるのでは?」と閃いたのです。

それからマークさんは各地の動物保護施設を渡り歩いて、犬の毛を刈ったりお風呂に入れるといったボランティア活動を行うことにしました。

彼によって綺麗になっていった犬達は劇的な変化を遂げていたのです。

マークさんによって綺麗になったワンコ達は次のページで






コメント