【感動】ゴミ袋の中に入れられていたのは1匹の犬だった…。死を目前とした犬に幸せな出来事が起こる!

  
  



ゴミ袋に入れられていた犬は衰弱していた




イタリアのシチリア島にあるメッシーナという街で恐ろしい出来事が起こりました。

ある日、河川敷を散歩していた2人の女性が、黒い大きなゴミ袋を発見しました。

そのゴミ袋に違和感を感じた2人がゴミ袋に近付くと、中から微かに犬の鳴き声のようなものが聞こえたのです。

ぎょっとした2人はすぐにゴミ袋を破くと、なんと中には今にも死んでしまいそうな大きな犬が入っていたのです。

さらにその犬の足は電線で縛られており、発見した女性2人は心を強く痛めました。

犬が逃げないように足を縛ってゴミ袋に入れ、そのまま川に捨てるという残酷な行為がされていたのです。

また悲しいことに、同じゴミ袋の中には既に亡くなってしまった子犬の姿もありました。

何とか生き延びていた犬の表情は完全に怯えていて、瞳孔も開いてしまっていたのです。

彼女達はすぐにアニマルレスキューに連絡を入れ、駆けつけたスタッフのリンダさんに犬を託しました。

リンダさんが犬の状態を見た結果、その犬の体は、ウジ虫やダニに覆われていて非常に危険な状態だったのです。

その犬はショック状態でもあり、ひどい脱水症状にもなつていたのです。

リンダさんは犬に水を飲ませ、すぐに動物病院へ搬送しました。

救出された犬のその後の様子は次のページで






コメント