【感動】戻ってこない飼い主をひたすら待ち続けている1匹。心を閉ざした犬のために世界中の人々が立ち上がる

  
  



戻らない飼い主をひたすら待ち続けていた犬




アメリカのフロリダ州マイアミで、ミックス犬のジョーイが住宅街をさまよっている姿が目撃されました。

恐らく飼い主に捨てられてしまったと思われましたが、その場所付近からは全く動かずにジョーイはひたすら飼い主を待ち続けているようでした。

そんなジョーイの姿を見た住民達は、何とかして助けたいと思い、救助活動を開始します。

まず住民達はジョーイに対して暖かい毛布と食べ物を提供し、雨風を凌ぐための段ボール小屋を用意しました。

その小屋に入りながらも飼い主を待つジョーイの姿を見ると本当に心が痛みます。

そんなある大雨の日、ジョーイは段ボール小屋から抜け出して近くの軒先に避難してきたのです。

これはチャンスだと思った住民達は、何とかしてジョーイを保護しようと試みますが、唸られたり逃げられたりとなかなか保護することができませんでした。

当時の状況を住民のジュリアンさんは「何とかして首輪をかけようとしたけど、嫌がって逃げられてしまった」と話していました。

そんな中、他の住民がジョーイを動物病院へ搬送すると名乗り出てくれて、その知らせを聞いた病院はマイアミの愛護団体「Animal Rescue Mission」(ARM)が身柄を引き取ることになりました。

何とかジョーイを病院に運ぶことが出来たあと、すぐに診察が行われました。

診察の結果、体の至る所にノミやダニがいて、さらにあちこち傷のようなものもあったのです。

ジョーイがどのくらいさまよっていたのかは誰にもわかりませんが、健康状態から見るとかなり長い間だったことが推測されました。

保護されたジョーイの様子は次のページで






コメント