【猫と犬の友情】衰弱した保護猫を支えたのはシベリアンハスキーの兄弟だった!!?猫と犬の友情に心温まる

  
  



衰弱していた子猫を支えたのはシベリアンハスキーだった




ある日、とある飼い主さんは家に3匹の犬を飼って過ごしていました。

しかしある時、偶然通りかかった路上で生後3ヶ月前後の子猫が路頭に迷っている姿を見つけます。

飼い主さんはその猫を保護し、ロージーと名付けて3匹の犬達と一緒に育てることにしました。

そのロージーは保護された時は本当に衰弱しきっており、いつ亡くなってしまってもおかしくない状態でした。

そんな中、3匹の犬のうちの1匹であるリロが懸命にロージーの面倒を見てくれるようになりました。

そのおかげもあってか、ロージーは徐々に元気になっていき、日常生活が送れるようになるぐらいまで回復していったのです。

そしてこの一件をきっかけに、ロージーとリロは一気に仲良しになっていき、他の2匹の犬とも徐々に交流を深めていったのです。

仲良くなったロージーとリロの様子は次のページで






コメント