【心痛】飼い主によって森に捨てられてしまった1匹の犬は2年間飼い主を待ち続けた。しかしその森が伐採されることになってしまい…。

  
  



森に放置されてしまった1匹の犬の姿




アメリカのジョージア州にある小さな森に1匹の犬の姿がありました。

その犬は元々は飼い主によって飼われていた犬だったのですが、引っ越しをするタイミングになった時に、近くのこの森に犬を放置したのです。

しかしその犬は自分が捨てられたとは思っておらず「いつかは迎えに来る」と信じてずっと飼い主が来るのを森で待ち続けていました。

しかし待てども待てども飼い主の姿は現れず、いつしか近隣住民たちの間でも、森で飼い主を待つ犬の姿を見慣れてしまったのです。

時々は住民たちが様子を見に行ったりしながら過ごしていましたが、その2年後…ある出来事が起こってしまいます。

森に捨てられてしまってから2年後に起こった出来事は次のページで






コメント