【感動】「この子は飼い猫以上の存在」ボロボロの老猫と獣医師の奇跡の出会いに涙

  
  



ボロボロの状態だった老猫の運命的な出会い




ある日、全身がボサボサでボロボロの状態だった15歳の猫が「ボールヒーズ・アニマル孤児院」で保護されました。

スタッフはその猫に「バーナビー」と名付けて可愛がり、バーナビーもまた人懐っこい性格だったことから、たちまち施設の人気猫となっていきました。

そしてスタッフ達はバーナビーに新しい里親さんを探してあげたいと思い、里親募集を呼びかけました。

そしてその里親募集をFacebookで見つけたのが、シーアン獣医センターに勤めているエド・シーアン獣医と奥さんのクレアさん夫婦でした。

バーナビーの姿を見た時に「この子は獣医によるケアが必要かもしれない」と感じ、引き取ることを申し出たのです。

施設はその申し入れを受け入れ、ただちにバーナビーをシーアン夫妻へ引き渡し、バーナビーも新しい家族を手に入れることができました。

では新しい家族の元へ引き取られたバーナビーは一体どのような生活をしているのでしょうか?

新しい家族に引き取られたバーナビーの生活は次のページで






コメント