【感動】10年寄り添ったご主人の死・・・。葬儀で涙を流す馬の姿に胸を締め付けられる

  
  



飼い主さんが亡くなって悲しむ1頭の馬




2017年の1月にブラジルのリオグランデ・ド・ノルテ州で、とある人物の葬儀が行われました。

その人物はワーグナー・リマ・フィゲイレドさんという方で、34歳という若さでこの世を去ってしまいました。

ワーグナーさんは、生前セミプロのカウボーイとして活躍しており、10年間にわたって愛馬のセレーノと一緒に過ごしてきました。

しかし、2017年の年明けにバイク事故によって突然亡くなってしまったのです。

葬儀では、彼の死を悲しむ人々が参列していましたが、その中でも胸を痛めたのは愛馬であるセレーノの姿でした。

セレーノはワーグナさんの死を受け入れており、棺に顔を寄せたり、悲しそうな声でいなないたりしていました。

人間と馬の友情と馬が抱くワーグナーさんへの愛情の深さに、多くの人達が涙を流していました。

飼い主さんが入っている棺に頭を寄せて涙を流す馬の姿は次のページで






コメント

【その他動物】 | 【動画】 | 【感動】 | 【泣ける】」の最新記事