【衝撃】フィリピンの砂浜に打ち上げられた大きなクジラ。その姿から我々が学ばなければならないこと

  
  



フィリピンの砂浜に打ち上げられたクジラから訴えたいこと




2017年5月11日にフィリピンのリゾートビーチに突如おおきなクジラの死体が打ち上げられました。

その大きさは全長3mにもなり、苦しそうに口を開けておりそこからは大量のゴミが出てきており、腹部は避けて内臓のようなものが砂浜に散っていました。

ですが上記の写真をよく見ると、こちらは本物のクジラの死体ではありません。

これはある事を訴えるために作られたものだったのです。

こちらのクジラの死体は環境保護NGO団体グリーンピースと「電通ジェイミーサイフ」という電通フィリピンとジェイミーサイフー・グループが合併した会社とのコラボレーションで作られました。

これは全て海から見つかったプラスチックのゴミから作られたもので、2016年にヨーロッパでクジラの死体が30頭見つかったという出来事から発案されたものでした。

ではこちらの作品は何を訴えたかったのでしょうか?

プラスチックのゴミから作られたクジラの死体から訴えたいことは次のページで






コメント