【驚愕】交通事故で死んでしまったはずの猫が生き返った?その奇跡の物語に涙

  
  



交通事故で死んでしまったと思われていた猫が息を吹き返した!




アメリカのフロリダ州で、ある女性に飼われていた猫のバートは、車に轢かれてしまいます。

その時、バートは大怪我を負ってしまい、動かなくなってしまったので、飼い主の女性は「死んでしまった」と思い、バートを土の中に埋めました。

しかしこの事故から5日後、埋められていたはずのバートが瀕死の状態で埋められていた場所の近くの路上をうろついているのを近所人が発見したのです。

ただちに地元の動物愛護団体へ通報が入り、スタッフが駆けつけると、バートは顎の骨が曲がっており、目にも大きな傷を負っていました。

このままでは本当に死んでしまうと判断されたバートは、ただちに治療へ取り掛かることになりました。

瀕死の重傷を負っていたバートのその後は次のページで






コメント