【感動】死期が近い高齢チンパンジー。寝たきり状態だったけれどもかつての飼育員さんと再会した時に見せた反応に涙が止まらない!

  
  



もうすぐ死んでしまうであろうチンパンジーの目の前に現れたのは、かつての飼育員だった




59歳のチンパンジーである「ママ」は、重度の病気になっており、もはや完治の見込みもなく、まさに死期が近づいている状態でした。

このママはオランダのアーネムにあるバーガー動物園で育ち、59歳という年齢はヨーロッパの中でも最高齢でした。

ずっと寝たきり状態で、何の反応もしなくなりつつあるママに、ある日かつての友人でもあり育ての親でもある飼育員さんが現れました。

その飼育員さんはユートレヒト大学の行動生物学の名誉教授のジャン・ヴァン・ホッフさんといい、彼は霊長類の研究を行なっており、バーガー動物園にあるチンパンジーコロニーの設立者でもあったのです。

そんなジャンさんはママの飼育員でもあり友達という間柄でした。

この日、久しぶりに2人は再会することになったのですが、果たしてママはどんな反応を示したのでしょうか。

久しぶりに再会した時の2人の様子は次のページで






コメント