【感動】虐待する飼い主から助け出されたのは盲目のグレートデーンだった…。優しい里親さんに引き取られた後の姿に感動!

  
  



飼い主に虐待されていたグレート・デーンは盲目と難聴を抱えていた




ある日、アメリカのルイジアナ州にある動物保護団体は、青い目をした盲目のグレート・デーンを保護しました。

さらに許せないことに、前の飼い主が言うには「この犬は目も見えないし耳も聞こえない役立たずだ!安楽死させてくれ」という身勝手な事を言っており、満足にエサや水も与えていませんでした。

そのため、この犬のお腹の中には飢えをしのぐために食べたと思われる石ころがたくさん入っていたのです。

その事情を知ったマリオン・ドワイヤーさんは、既に2匹のグレート・デーンを飼っていましたが、2015年3月に里親として引き取ることにしました。

グレート・デーンは大型犬ですし、この子の場合は盲目と難聴にもなっていたので、引き取り手は現れないだろうと思われていたため、マリオンさんが現れたのは奇跡的でした。

そしてこの犬は「エコー」と名付けられ、たっぷりの愛情を注いでいきましたが、やはり虐待されていた過去から信頼関係を築くのにかなりの時間がかかりましたが、徐々にエコーは心を開いていきました。

マリオンさんに引き取られた後のエコーは次のページで






コメント