【驚愕】安楽死させたはずの愛犬が生きていた!?半年後に別の場所で生活をしている愛犬の姿に衝撃の展開が!!

  
  



病気で安楽死をさせた愛犬が生きていた?




アメリカのユタ州に住むタウニー・コートさん一家は10歳になるボクサー犬のゾーイというメスの犬を飼っていました。

子ども達もゾーイと毎日楽しく遊んでいたのですが、2016年頃からゾーイは度々発作を起こすようになりました。

この様子を見た家族は「もしかしたらゾーイは近いうちに死んでしまうかもしれない」と感じていました。

しかし不幸は続き、ダウニーさんの夫が生活苦から銀行強盗を働き、刑務所へ収監され、住む家まで失ってしまい、ダウニーさん一家は精神的にもボロボロの状態でした。

日に日に具合が悪くなってくるゾーイに、11歳の息子のジャクソン君は「ゾーイは僕のベストフレンドだから」と言って毎晩ゾーイを抱きしめながら寝ていたのだそうです。

そして2016年11月19日に、タウニーさんは父親のラリーさんに「ファーミトンにあるベイビュー動物病院へ連れて行って安楽死させてほしい」と依頼します。

ラリーさんは動物病院にゾーイを連れて行き、手続きを済ませて215ドル(日本円で約23,000円)を支払います。

手続きを済ませたことでゾーイはもう死んでしまっただろうと思っていたのですが、この後まさかの出来事が起こります。

ダウニーさんに起きたまさかの出来事は次のページで






コメント