【絶体絶命】沼地に生えている木の上で身動きが取れなくなった1匹の子猫…。決死の救出劇に賞賛の声!

  
  



沼地の上に取り残された猫の運命




猫というのは本当に様々な所に登っていったりするため、気が付いたら危ない場所にいた!なんていうのもよく聞く話ですよね。

木から降りられなくなった猫ちゃんのニュースもよき見かけたりするので、もはや猫の習性なのかなとも思います。

しかし、今回話題となった猫が登ったのは、なんと沼地に生えていた木でした。

ある時、ルイジアナ州でバードウオッチングをしていた男性から「猫を助けて欲しい」という通報が入りました。

レスキュー活動をしているランドール・コルブはんが現場へ向かうと、ハリケーンによる豪雨で沼地になってしまった所に生えている木に登って降りられなくなった猫の姿がありました。

実際にランドールさんは過去に100匹以上の猫を救出してきましたが、今回のように沼地での救出は初めてのことでした。

とはいえ、このままにしておくわけにもいかないので、ランドールさんは足元が見えない沼の中へ入り、猫の救出にあたりました。

果たしてランドールさんと猫はどうなってしまうのでしょうか?

猫の救出劇の様子は次のページで






コメント