【感動】目が見えない自分を守る為にゴミ溜めにいた犬・・・多くの奇跡が重なり再び光を取り戻す

  
  



全盲の犬はゴミ溜めで身を守っていた




ある日「ゴミ溜めの所に犬がいるから助けて欲しい」という連絡が動物保護団体の元へ連絡が入ります。

すぐに駆けつけると、そこには臭いが酷いゴミ溜めに塗れた犬が体を震わせて佇んでいました。

さらにこの犬は、何と全盲状態となっており、酷い臭いの中の暗闇の中で過ごしていたのです。

ゴミ溜めにいると誰にも気付いてもらえませんが、全盲の犬にとってはここが一番の安全地帯だったのです。

この犬をすぐに保護した後に、保護施設へ連れて行って清潔な体にしていきます。

果たしてこの犬はこの後どうなったのでしょうか?

保護施設へ向かった犬の様子は次のページで






コメント