【感動】貯水槽に落ちてしまった1匹の犬…。励まし続けたのは友達の犬だった!その2匹の友情に感動の声が相次ぐ!

  
  



貯水槽に落ちてしまった犬を1週間励まし続けた犬との友情




アメリカのワシントン州の西部にあるヴァション島にはゴールデンレトリバーミックスの「ティリー」とパセットハウンドの「フィービー」が暮らしていました。

このヴァション島はシアトルからフェリーで20分ほどの距離ではありますが、自然が豊かで田舎の情緒ある風景であるのが特徴的です。

そんな環境なため、飼い主さんもこの2匹の愛犬たちを自由に散歩させており、毎日2匹が仲良く揃って帰ってくるのが日課となっていました。

しかしある日、夜になっても2匹の愛犬は散歩から帰って来ませんでした。

翌日からすぐに2匹の愛犬を探し回りますが、なかなか見つかりません。

飼い主さんはその次の日もその次の日も探しますが、全く見つからなかったため、ボランティア団体の「Vashon Island Pet Protectors」に捜索の手伝いを依頼しました。

ボランティア達も加わって捜索をした結果、いなくなって1週間後に「農場の近くに赤毛の犬がいる」という情報が入りました。

すぐにボランティアが駆けつけて農場の人に話を聞くと、「赤毛の犬はゆっくりこっちに近づいた後に、まるでついてきてほしいというような表情をして何度も振り返りながら渓谷の方へ向かった」というのです。

一体この赤毛の犬は本当に飼い犬だったのでしょうか?そしてこの犬は何を伝えたかったのでしょうか?

赤毛の犬の伝えたかったことは次のページで






コメント

【感動】 | 【犬】」の最新記事