【感動】ケージにずっと閉じ込められて飼育放棄されていた犬…。誰もが諦めていた時獣医師の諦めない気持ちが奇跡を起こした!

  
  



ケージに閉じ込められた犬は死んでしまっているのかと思うくらい衰弱していた




アメリカのテキサス州オースティンで、ある時「汚いケージの中で犬が横たわっている…。もしかしたら死んでしまっているかもしれない」という通報が入ります。

通報を受けたスタッフがすぐに駆けつけると、そこには汚物まみれケージの中に1匹の犬が横たわっている姿でした。

その犬はぐったりしており、目を閉じることもできないほど飢餓状態でしたが、その首元を見てみると首輪がついていたため、飼い主が飼育放棄したと思われます。

本当に死んでしまったのかもしれない…と思ったその時、犬の助骨が少し動くのが見えました。

それを見たスタッフはすぐに保護をして、動物病院へ搬送しました。

搬送された犬の様子は次のページで






コメント